ドラマ『Get Ready!』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

手術などの医療行為は、医師免許を持つ人にしか認められていません。

しかし命が救われるならどんなに多額の費用がかかっても、たとえ医師免許のない闇医者のオペであっても受けたいと思う方は多いのではないでしょうか。

TBSの新日曜劇場ドラマ『Get Ready!』は、凄腕で多額の報酬をもらう闇医者チームが主役のドラマです。

そんな闇医者がどのように命を救うのかから、生きる意味を問い直してみましょう。

『Get Ready!』のあらすじやキャストを紹介します。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『Get Ready!』の見逃し動画を無料で全話視聴する方法

ドラマ『Get Ready!』は、動画配信サービスParaviTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで一定期間、無料で視聴することができます。

過去放送回を視聴したいという方は、Paraviで見ることができます。また、毎週ドラマ終了後からスピンオフドラマ『ゲトレ夕暮れ大暴れ』が、配信されています。

\今すぐ視聴する!/

ドラマを全話一気見!

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

ドラマ

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『Get Ready!』作品紹介

【放送日】毎週日曜日 夜21:00~(TBS系列)

製作・スタッフ

  • 脚本/飯野陽子、山田能龍、川邊優子、金沢知樹、渡辺啓
  • 演出/堤幸彦、武藤淳、山本剛義
  • プロデュース/武藤淳、植田博樹、鈴木佳那子、市山竜次、佐井大紀
  • 音楽/ノグチリョウ

『Get Ready!』は、TBSで1/8(日)から放送されている「日曜劇場」枠のドラマです。

毎週日曜21:00~21:54に放送されます。

堤幸彦さんが演出を務める完全オリジナルドラマです。

1/8(日)放送の第1話では、患者役のゲスト・池松壮亮さんの熱演などが話題となりました。

1話完結型の医療ドラマなので、今後もどんな患者がゲストに登場するか注目です。

ドラマ『Get Ready!』のあらすじを紹介

『Get Ready!』のあらすじを紹介します。

主役となるのは凄腕の闇医者チーム・仮面ドクターズです。

波佐間永介(通称・エース)はパティスリー「カーサブランシェ」という店を持っており、普段はそこでパティシエをしています。

しかし実は天才執刀医であり、闇の医療チームとして多額の報酬を受け取りどんな手術も引き受ける裏の顔を持つ存在です。

表向きは国際弁護士の下山田譲(通称・ジョーカー)が、オペの交渉を行う形でエースの相棒を務めます。

天才執刀医を助ける凄腕オペナース・依田沙姫(通称・クイーン)、カルテの盗み出しなどを行う天才ハッカー・白瀬剛人(通称・スペード)もエースを助ける存在です。

ドラマのタイトル『Get Ready!』はエースがオペ開始の合図、彼らはどうして闇医者としてこのようなことを続けているのでしょうか。

もう1つの見どころは、彼らが手術を引き受けるかどうかです。

エースが患者を選ぶ基準は「お前に生き延びる価値はあるのか」であり、彼らチームの目的が多額の報酬をもらうだけではないことが想像できますね。

1話完結型のドラマの中、徐々に闇医者チームの真意や素顔も見えてくることに期待しましょう。

ドラマ『Get Ready!』のキャストを紹介

『Get Ready!』のキャストを紹介します。

まずは主役となる闇医者チーム・仮面ドクターズから見ていきましょう。

  • 天才執刀医・波佐間永介:妻夫木聡
  • オペ交渉役・下山田譲:藤原竜也
  • 凄腕オペナース・依田沙姫:松下奈緒
  • 天才ハッカー・白瀬剛人:日向亘

続いて闇医者チームに嫌悪感を抱く剣持理事長のいる、千代田医科大学附属病院の面々です。

  • 院長兼理事長・剣持理三:鹿賀丈史
  • 理三の娘・剣持玲於奈:結城モエ
  • 玲央なの婚約者で外科医・染谷慈恩:一ノ瀬颯
  • 外科医・橋元芙美:橋本マナミ
  • 外科医・幾田洋一:中山麻聖
  • 研修医・汐留明:田野倉雄太
  • 研修医・台場虹江:長見玲亜

闇医者家業は完全に犯罪、闇医者チームを追う警察も登場します。

  • 警視庁特務捜査課長・佐倉亮一:矢島健一
  • 刑事・菊川忍:片山友希
  • 刑事・東堂雄彦:菅原卓磨
  • 元SCI・加須崇:吉田涼哉
  • ハッカー・久豆番:川本光貴

その他の登場人物として謎の占い師・POC:三石琴乃さん、パティスリー「カーサブランシェ」に通う高校生・嶋崎水面:當真あみさんも出演中です。

妻夫木さん・藤原さんの主演コンビを中心に、彼らがどのように関りになっていくかも注目していきましょう。

ドラマ『Get Ready!』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2023/1/8 第1話 10.2%
2023/1/15 第2話 10.9%
2023/1/22 第3話 10.3%
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話

ドラマ『Get Ready!』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想

エースこと波佐間永介(妻夫木聡)は、表の顔はパティスリー「カーサブランシェ」のパティシエ、裏の顔は法外な報酬と引き換えに違法なオペをする闇医者チームの執刀医である。

ある日、副総理の羽場(伊武雅刀)が脳神経を断裂し大学病院に運ばれた。一命は取り留めたものの、院長の剣持(鹿賀丈史)から「二度と歩くことはできない」と告げられる。

憤慨する羽場の前に、ジョーカー(藤原竜也)が現れた。彼は患者にエースのオペの条件を提示する交渉人だ。交渉が成立するかと思った矢先、エースが現れ「お前に生き延びる価値はあるのか?」と問う・・・。

その様子を、闇医者チームのメンバーである凄腕オペナースのクイーン(松下奈緒)と若き万能ハッカーのスペード(日向亘)がモニターで見守っていた。

闇医者チームの次なるターゲットとなったのは投資家の渋谷(池松壮亮)。渋谷は、突然の余命宣告を受け人生に絶望していた。失意の渋谷に、エースら4人の闇医者チームは……!?

引用:ドラマ『Get Ready!』公式サイト

最初は興味本位で観てみました。観ているうちに引き込まれ、一話目が終わるのがすぐに感じました。まず思ったのが、医師の規則を破る闇医師のドラマだということです。漫画で言えば、ブラックジャックに似ているのかなと思いました。主演の医師役の妻夫木聡さんの扱いにくさが面白かったです。天才医師ながら、助ける条件は、その人が生きる価値があるのかということを問いかけます。今回は、ゲストの池松壮亮さんの治療でしたが、池松壮亮さんの良い方向へ変わっていく姿がほろっときました。ぜひ、次も観たいです。

40代

仮面をつけて現れるエースとジョーカーが怪しすぎました。普通だったら、そんな怪しげな人と交渉しようとは思わない気がします。しかも、お金持ちばかりと交渉し、報酬として大金を請求するなんて、悪徳医師以外の何物でもありません。エースは、助ける相手を選別していますが、エースの判断に間違いはないのでしょうか?助ける相手を選別する事には、少し抵抗を感じました。むしろ、漫画のブラックジャックのように、お金をもらえれば手術をするという考え方の方が純粋だと思います。エースがどうして普通の医者として働かないのか、その理由を知りたくなりました。

50代

ネオンに光る仮面を被ってシリアスな演技をしている妻夫木聡さんと藤原竜也さんがすごいなと思いました。普通の病院で救えない病人にアプローチして大金を引き換えに手術をするという設定でダークな感じでしたが、藤原さん演じるジョーカーがコミカルなので楽しく見ることができました。エースが患者さんに問いかける生き延びる価値というセリフがめちゃくちゃ考えさせられるところがあります。

30代

羽場が倒れなんとか命は取りとめたものの歩けないと判断されてしまうと、突然部屋にエースとジョーカーがやってきて全財産と引き換えに助けることや助ける価値があるかなど交渉したけど羽場は応じなかったのは意外でした。波佐間と依田は2人で手術をしていて息ぴったりなのとスピードはさすがだなと思いました。渋谷は病院に貢献したにも余命半年と言われ納得いかないという思いと波佐間たちは渋谷のバックヤードまで綿密に調べていたのはすごいなと思いました。

30代

現実離れしている内容でしたが、とにかくエースがかっこよくてよかったです!お金よりも本当に生きる価値があるのかで、手術をするかを決めるエースに苦労しながらも、何とか交渉をするジョーカーの存在もよかったです。てっきり副総理を救う話から始まると思っていましたが、救わないところから始まる展開が予想外でやられました。

50代


第2話あらすじ・感想

ジョーカー(藤原竜也)と深く関わる、千秋(市川由衣)が、一人息子(相澤壮太)を城和大学附属小学校に裏口入学させるため、2億円を用意して欲しいとジョーカーのもとを訪ねて来る。

その城和大学は近年、坊城理事長(柄本明)による裏口寄付金プロジェクトで莫大な金を得ていた。

金の亡者となった坊城理事長は、副理事長で息子の康之(三浦貴大)にその座を降ろされた上、ガンで余命数か月と宣告される。

しかし、交渉のため現れた闇医者チームのジョーカーに、自分が死ぬとしても2億円以上は払えないと断る。

「金のない‘理想’は無意味」と語る坊城理事長に隠された秘密とは?そしてその言葉に引っかかったエース(妻夫木聡)は、果たして坊城の命を救うのか!?

引用:ドラマ『Get Ready!』公式サイト

今回のテーマはとても深かったですね。ただの親子の確執だけでもなく、お金と理想のそれぞれの必要性がとてもうまく描かれていたと思います。学生たちへの生配信のあの坊城の言葉には感動しました!そんなシリアスな展開を邪魔しない、ジョーカーの人間味溢れる演出がいい味を出してくれていました。あの可愛すぎる下手くそなウインクは反則ですよ!すっかり心奪われちゃいましたもん。

50代

坊城はずっと悪人で、金の亡者でしかないとばかり思っていました。でも、坊城は自分がしてきたことをずっと悔やんでいて、自分を許せなかったからこそ、地域医療を強固なものにして、妻や息子に返したかったのかもしれません。坊城が最後にした講義は、今までの坊城からは想像できないくらい温かいもので聞いていて泣けました。

30代

下山田さんの元妻が息子のためにと裏口入学を進めようとするところはびっくりしましたが、下山田さんもそれを引き受けてしまうのもハラハラしました。今回の大学の理事長を生き延びる価値があるのか問い詰めて、その後の更生を見てオペをすることになりましたが、ちょっと唐突すぎる気もしました。無事に救うことができてよかったです。下山田さんも息子との距離が縮まったところもほっとしました。

30代

坊城が医学部の学生ばかり優遇するのがすごく身勝手だと感じていましたが、その根っこに妻を死なせてしまった自分の後悔がずっとあったとわかって、少しホッとしました。とはいえ、現在の実力より医者としての資質を優先するという考えは、後々大丈夫なのかなと心配になってしまいました。汚れたお金を資金に充てるのも道徳的にはいいことじゃないし、坊城が最後には潔く罪を認めて教育者として有終の美を飾れたのは良かったと思います。エースもホログラムじゃなく生身で会いに行ったり、坊城に敬意を払っているように見えたので、もしかしたら彼の教え子だったのかなと感じました。

40代


第3話あらすじ・感想

闇医者チームは、とある連続殺人事件を追いかけていた。

警察の捜査が近づく中、ジョーカー(藤原竜也)やクイーン(松下奈緒)の反対を押し切って事件の被害者たちを救い続けるエース(妻夫木聡)。

実は犯人の安達(杉本哲太)もまたエースの患者であり…彼が連続殺人犯になった隠された理由とは?

そして闇医者チームは警察の目を盗んで、安達を救うことができるのか?

引用:ドラマ『Get Ready!』公式サイト

今回は被害者たちを救うエースの気持ちが全く理解できませんでした。安達が娘のために復讐をしたい気持ちは当然のことで、被害者を救うエースは許せない存在だったかもしれません。でも、ラストに反省をしない加害者たちにエースが1年しかないと告げた時は、スッキリしました。エースが加害者たちをただ救っていたわけではないことの意味を考えさせられました。

30代

最愛の娘を殺された安達の無念さや復讐心は、同じ親の立場として、すごく見ていて心苦しかったです。仇討ちという行為は道徳的に許されることではないけど、やっと自分の手で追いつめた犯人を治療してしまうエースには、正直自分も何故?とモヤモヤしました。でも、それが安達を殺人犯にしないためだったとわかって、全て不器用すぎるエースなりの優しさだったのかなと感じました。いつものように、安達に生きる価値を問わなかったところにも、ほんの少しエースに心境の変化があったように見えました。

40代

復讐って本当に難しいですよね。愛する娘をあんな奴らに意味もなく殺されたと知ったら、自分の手で復讐しようと思う安達の気持ちも当然だと思いました。でも、娘を心から大切に思っていた安達を、そんな殺人犯と同じになって欲しくなかったエースの気持ちに胸を打たれました。本当に1年後にあいつらの大動脈の糸が溶けてしまえばいいと心から思いました。

50代

今回は殺人未遂事件を犯した犯人を助けるべきか、という「生かす価値があるのか」というこのドラマのテーマを突きつけられる話だなと思いました。娘さんを殺されたお父さんの気持ちを考えると犯人を殺したいという気持ちもわかる気がします。殺されかけた青年たちも助けるエースの真意がわからなかったのですが、最後に彼が突きつけた「あと1年」という言葉が恐ろしかったです。本当かどうかわかりませんが、彼なりに制裁を与えたんだなと思いました。

30代

第3話が始まって、最初の展開が分かりませんでした。主人公の波佐間永介役の妻夫木聡さんの、被害者が刺された後にいきなり出てきて、応急治療をして、去って行く意味が分かりませんでした。それは、ドラマが展開するにつれ、分かってきましたが、その謎解きが分かったときは、面白いと感じました。杉本哲太さんが演じる復讐の動機なども、納得がいくもので大変面白く観賞させてもらいました。また観たいです。

40代

安達が、自分の娘を殺めた青年たちに復讐したくなるのも無理はないと思います。不思議なのは、残酷な事件を起こした青年たちが、すでに釈放されていたことです。青年たちを守るのが正しい事なのか、疑問に感じました。エースは、安達の復讐を邪魔せずに、致命傷を負った青年たちを助けていました。エースのおかげで助かっても、感謝の気持ちがない青年たちを見て、何とも言えない気持ちになりました。ところで、優秀なメンバーが揃っている闇医者チームが、どんな方法で集められたのかを知りたくなりました。

50代


第4話あらすじ・感想

天才彫刻家の洋子(美村里江)は、脳腫瘍の摘出手術は不可能であると医師から告げられ、残された時間で最期の最高傑作を作ろうと決意する。
そこにジョーカー(藤原竜也)が現れ、6億円で腫瘍の摘出手術をしてもらう契約を結ぶ。
ところが、洋子のMRI画像を確認したエース(妻夫木聡)は、彼女が腫瘍が原因で発症した後天性サヴァン症候群であることを見抜く。
腫瘍を取り除けば命は助かるが、彫刻家としての才能は失われてしまう。
命か、才能か・・・。
唯一無二の才能を持った洋子の迷いを、クイーン(松下奈緒)は自分のことのように受け止めていて・・・。

引用:ドラマ『Get Ready!』公式サイト


ドラマ『Get Ready!』見どころ・まとめ

謎の闇医者チーム・仮面ドクターズが活躍する新日曜劇場ドラマ『Get Ready!』は毎週日曜21時からTBSで放送されています。

「お前に生き延びる価値はあるのか」と問いかけ命を救う、天才外科医の姿から生きる意味を考えさせられるドラマになりますね。

1話完結型医療ドラマなので、今後のストーリー・患者役ゲストがどのようになるかも注目です。

ドラマ『Get Ready!』の見逃し配信動画は、Paraviで配信中です。

\今すぐ視聴する!/

ドラマを全話一気見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です